膝が痛い

 先日、突然膝が痛くなりました。

 

 実際には、午後の3時頃に膝に違和感があったのです。

 

 何か変といった感じでしたが、とりあえずほっておきました。

 

 しかし、午後6時頃には痛みが増して、我慢ができない程になってしまいました。

 

 触ると、膝は熱も持ち、膝頭を押さえると飛び上がる程に痛くなっていました。

 

 考えるに、膝をぶつけた記憶はないし、膝をひねった記憶もなく、痛みの原因が解りません。

 

 しかし、膝が熱を持ち、押さえると痛いので、湿布を張りました。

 

 普段は湿布の効果で、痛みが和らぐはずなのに、何の効果も感じられませんでしたが

 

 とりあえず、湿布の効果を信じ、風呂に入らずに就寝しました。

 

 翌日も湿布の効果はなく、膝が痛いまま一日が過ぎていきましたが

 

 取りあえず湿布は新しいものに交換しました。

 

 その翌日は、なんと効果があったのです、膝は楽になったのです。

 

 これで治るかと思い、湿布は新しいものに交換しましたが

 

 その翌日は、さらに痛みがまし、膝は赤く腫れて、尚且つ脛も赤くなってしまいました。

 

 そのままではまずいと思い、なんの痛みか分からないまま整形外科に行きました。

 

 整形外科では、

 

 菌が膝にはいり、増殖したための痛みと診断され、抗生物質を処方されました。

 

 膝のレントゲンは、骨や関節に異常はなく、水も溜まっていないと確認できました。

 

 そして翌日には、抗生物質のおかげで痛みはなく、腫れも引いてきました。

 

 治ってほっとしました。

 

 しかし菌がまた悪さをすることを考慮して、10日間の抗生物質を飲むことは大変です。

 

 ちなみに、菌が悪さをした痛みは、湿布をしてはいけないそうです。

 

 痛みの原因が分からないのに、熱があるから、湿布をするという対処は行ってはいけないと実感しました。

 

 原因が分かって始めてちゃんとした治療ができるので、みなさんも注意してください。